昌栄高速運輸の公式HP。長野、千葉、東京のバス・タクシー・トラック運送サービス

  • 昌栄高速運輸の高速バス
  • 昌栄高速運輸の貸切バス
  • 昌栄タクシー
  • 昌栄トラック

輸送の安全に関する重点施策

安全に関する方針に基づき、次に掲げる事項を実施する

  1. 輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守します。
  2. お客様の安全性及び利便性の向上、並びに、環境負荷の低減や事故防止を図るため、輸送の安全に関する投資や費用を積極的かつ効率的に実施いたします。
  3. 輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。
  4. 輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を策定し、これを的確に実施すること。

具体的な取り組み事項

  1. 後退時の誘導の徹底(2名運行時)
  2. 車速厳守、運行管理者による車速の確認
  3. 全ての運行での中間点呼実施
  4. 事故カレンダーを用いての点呼実施(同じような事故を起こさせない)
平成29年 4月 1日
昌栄高速運輸株式会社
代表取締役白石 昌久

輸送の安全に関する基本方針

安全輸送の実現を最優先

私たちは、安全な運行・車両を提供するとともに、お客様の安全を第一に行動することにより、最高の安全と輸送サービスを確保します。

基本に忠実、絶えず輸送安全性向上に努める

私たちは、輸送の安全に関し基本に忠実に現状に満足することなく、絶えず輸送の安全性向上に努めます。
輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ忠実に職務を遂行します。

輸送の安全目標

1. 事故削減目標

  事故件数 内訳
目標 実績
平成28年度 20件 34件 人身0件・物損34件
平成29年度 25件 -件 人身0件・物損25%減

2. 関係法令及び社内規定の遵守を確保

関係法令及び社内規定の遵守は半期毎に教育を実施します。

3. 輸送の安全に関する投資額(予算)

  主な項目 平成29年度予算額(単位:万円)
教育等に関する項目 運転者に対する安全教育 50
設備及び機器等に関する項目 ドラレコ導入費 900

4. 内部監査

安全を管理する規定の遵守状況は、内部監査を年1回以上実施し、必要に応じて是正措置又は予防措置を講じます。

5. 情報の連絡体制の確立

安全会議を四半期毎1回開催するとともに、必要の都度、電子メール等により協力会社との安全情報の共有を図ります。

6. 輸送の安全に関する安全教育の実施計画

(1)安全会議四半期毎1回開催
(2)事故惹起者に対する指導事故発生直後
平成29年 4月 1日
昌栄高速運輸株式会社
代表取締役白石 昌久
安全総括責任者浅野 善成
昌栄高速運輸のスタッフ募集情報

昌栄高速運輸は貸切バス安全性評価認定を取得しています

昌栄高速運輸株式会社は全日本トラック協会の安全認定Gマークを取得しています

昌栄貸切バス

昌栄トラック

昌栄タクシー

昌栄高速運輸の整備工場

http://www.syoei-trp.co.jp/

〒388-8020

長野県長野市神明25

TEL.026-283-5070